読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高のエンターティナーだったあなたへ



最後に拡輝を見たのは1月のオールスターズアイランドだ。正直拡輝しか見ていなかった。ずっと双眼鏡で拡輝を追っていた。贔屓目ではなく本当に拡輝のパフォーマンスは輝いていた。どんな場所にいても存在感があって、安定感があって、ころころ変わる表情が素敵で、約3時間魅せられっぱなしだった。一緒に入った京本担の友達が拡輝のことをとても褒めてくれて、本当に誇らしかったし、素敵な人のファンになれて嬉しかった。

でも、こんなにずっと見ていたのに拡輝がJrをやめるなんて雰囲気を感じられなかった。トラジャのメンバーもそんな素振りを全く見せなかった。だからこそ、本当に驚いた。

本音を言うとなんで今なの?って思う。去年あたりから私を含めてどんどんファンが増えていって、外部舞台も出て、トラジャはこれからでしょ!っていう右肩上がりのタイミング。正直もったいないと思った。メンバーだってやめてほしくないと思っただろうし、私がメンバーだったら必死にとめると思う。でも拡輝は考えすぎるほど考えて行動する人だから、今回のこともすっごく悩んだんじゃないかな?って感じるし、その決断を受け入れたメンバーの心の広さというか、その決断を許せる信頼関係があったなら、ファンはとやかく言えないなあと思う。

ジャニーズを続けてほしい、っていうのは結局ファンのエゴだしね。

拡輝がとても大事にしていたTravis Japanを離れてまでもやりたいことってなんだろう。今はそれを知りたいな。


いつから拡輝を好きになったのか曖昧だけど、いつのまにか夢中になっていた。アンダースタディの当日券が当たったとき、これはもう拡輝にハマれってことなんだと思った。初めて見た仲田拡輝は素敵すぎて困った。応援屋はXB列、そして客席降りのときは目の前で踊っている姿を見た。手を伸ばせば届くような距離、間近で見る拡輝は美しすぎて夢を見てるようだった。

拡輝を見ていた時間全てがとても素敵な思い出。


まだ立ち直れてないし、今ホーム画面にしている拡輝の写真も当分かえないだろうし、トラジャを見る度に拡輝のことを考えてしまうだろうけど。
拡輝が大好きだから。拡輝の新たな出発を応援したい。


アイドルとしての仲田拡輝を見ることができて本当によかった。またいつかどこかでお目にかかれますように。


仲田拡輝くん、幸せになってください。